アダマイト

>> 石のグループ : ヒ酸塩鉱物
写真を見る :

1886年チャールズ・フリーデルにより、この鉱物の発見者であるジルベール・ジョセフ・アダムにちなんで名付けられた。
この色は存在する金属イオンの色による:キュプロアダマイトは銅によって緑色、マンガンアダマイトはコバルトアダマイトと同じくマンガンによって紫がかったピンク色、アルミノアダマイトは青色である。

採掘場所

歴史的な産地はギリシャのラブリオ。
フランス(ヴァール県のキャップガロンヌ)、チリ、ナミビア(ツメブ)に鉱脈があり、最も美しい石はメキシコ(オジュラ鉱山、デュランゴ)で産出する。

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

コレクション用の石、ファセットカットが施される。

似た宝石

アパタイト , アラゴナイト , カルサイト , ドロマイト , フローライト , マグネサイト , スミソナイト

文化的・歴史的ストーンセラピー

エネルギーの中心と考えられる喉のチャクラ、頭と胴体を結ぶ部分に効果があると考えられている。アダマイトは、各臓器間と体内・外との流れを改善し、人間関係、友人とのより良いコミュニケーションを確立させる。

化学的特徴
Zn2[AsO4](OH)

ヒ酸塩鉱物

物理的特徴

主な色 : 黄色黄色

別の色 : 白, 青, 茶, 無色無色, ピンク, 緑色, 紫色

この色は金属イオンの存在による

条痕の色 :

光 : ガラス光沢

硬度 : 3.5

密度 : 4.30 まで 4.70

劈開 : 明瞭

亀裂 : 貝殻状断口, 不規則

光学的特徴

透明 : 透明, 半透明

屈折率 : 1.710 - 1.760

二重屈折率 : 0.050

明瞭、二軸性+/-

複屈折性 : はい

分散 : ++

多色性 : 弱い

色の数 : 3

色によっては2種類のニュアンス、2つのみ容易に見られる

蛍光 : はっきりと

黄色と緑色の種類は緑色または黄色の蛍光を見せる

結晶

板状または放射状に集まった球状の結晶、光る

cristaux

結晶構造 : 正方晶系

他のインフォメーション
私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る