アンデシン

>> 石のグループ : 長石, ケイ酸塩鉱物
写真を見る :

1841年コロンビアのモルマトで発見された長石の一種。石名はこの石が豊富な産出する南アメリカのアンデスの地名に由来する。
銅から来る血色の変種は、2002年コンゴのゴマ地方で発見された。今後では、緑色、黄色、二色のものも産出する。

採掘場所

産出地はコロンビア、パラグアイ共和国、サルバドル、日本、ロシア(東シベリア)、アメリカ合衆国の至る所、カナダ、ヨーロッパ。赤の変種はコンゴ共和国で産出する。

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

フォセットカットが施され装飾品に用いられる。特に今後の赤色アンデシンのように色のしっかり出ている変種は装飾品向き。

日々のお手入れと注意点

宝石として用いるのに十分な硬度を持つ。食器用洗剤を加えた水で洗い、塩素分のない水、その後アルコールですすぐ。

似た宝石

シナバー , デクロワザイト , カメレライト , ラブラドライト , ルビー , トルマリン

文化的・歴史的ストーンセラピー

アンデシンはパワーストーンにはあまり用いられないが、赤色の変種が試されることはある。

イミテーションと加工

アンデシンは熱処理に耐えることは出来ない。また今日まで人工石は作られていない。

化学的特徴
(Na,Ca)[(Si,Al)4O8]

炭酸ナトリウムのアルミノ珪酸塩

物理的特徴

主な色 : ピンク

別の色 : 白, 灰色, 無色無色, 黄色黄色, 赤色, 緑色

条痕の色 :

光 : ガラス光沢

硬度 : 6.0 まで 6.5

密度 : 2.65 まで 2.70

劈開 : 完全

亀裂 : 不規則

断口はとても小さな面を持つ

光学的特徴

透明 : 透明, 半透明

屈折率 : 1.542 - 1.563

二重屈折率 : 0.008

非常に弱い、二軸性あり/なし

複屈折性 : いいえ

多色性 : なし

色の数 : 1

赤色アンデシンスペクトル

赤色アンデシンスペクトル

蛍光 : 無し

結晶

形のはっきりとしたどっしりした十字双結晶

cristaux

結晶構造 : 三斜晶系

他のインフォメーション