アンブリゴナイト

>> 石のグループ : リン塩鉱物
写真を見る :

ドイツの鉱物学者Breithauptによって、1817年に鑑定された。
石名は劈開の際にできる角度にちなみ、ギリシャ語で「鈍い」を意味する「amblus」と、「角度」を表す「gonia」からきている。この石と混同されたスカポライトとは対照的である。
アンブリゴナイトは、水素極とフッ素極の間で、屈折率と複屈折がフッ素極から水素極に向かって増加し、モンテブラサイトと継続的なシリーズをつくる。
『アンブリゴナイト』と言われる宝石は化学的にはモンテブラサイトに近い。

採掘場所

これはフランスのクルーズ県にあるモンテブラ、上ヴィエンヌ県にあるMas-Barbu,アリエ県のÉchassières、今日ではミャンマーのモゴック、ブラジル(ミナスジェライス、サンパウロ)、アメリカ(カリフォルニア州)、スウェーデン(Varuträsk)、ナミビア(薄紫の変種)。

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

劈開のしやすさからもろく、ジュエリーにはほぼ使用されない。カットされるときは、多数のファセットを施し、同時にカットと研磨はデリケートである。

日々のお手入れと注意点

脆く、コレクター向けの石である。

似た宝石

アパタイト , ベリル , ブラジリアナイト , クリソベリル , ヒデナイト , オーソクレース , スキャポライト , トルマリン

文化的・歴史的ストーンセラピー

黄色の変種は正長石と同じ効果を持ち、創造力を高め、消化を助けるほか、毒を取り除いてくれる。
計画に対する実行力や人間性、宗教的概念を与えてくれる。他社を理解するのを助け、特に幼児教育などの分野において教育的な理解力を改善してくれる。

イミテーションと加工

今日では人工品なし。

歴史的な石と伝説

アメリカ合衆国ワシントン州のスミソニアン博物館には、50カラットを超えるブラジル産の最大のアメジストが)所蔵されている。カットのできるクリスタルはそれほど大きいものはない。

化学的特徴
(Li,Al) [PO4] F

アルカリリン酸アルミニウム

物理的特徴

主な色 : 黄色黄色

別の色 : 青, 無色無色, ふじ色, 緑色, 紫色

条痕の色 :

光 : ガラス光沢, 脂肪光沢

硬度 : 5.5 まで 6.0

密度 : 3.00 まで 3.10

劈開 : 完全

亀裂 : 不規則

劈開面は真珠光沢を示す

光学的特徴

透明 : 透明

透明なものは珍しい

屈折率 : 1.580 - 1.615

二重屈折率 : 0.018

明瞭、双方向軸性+/-

複屈折性 : はい

分散 : 0.014 (0.008)

多色性 : なし

色の数 : 1

現実に見ることは不可能

蛍光 : 非常に弱く

時に蛍光薄緑の跡

結晶

最大5cmまでの角柱状、しばしば凝集体

cristaux

結晶構造 : 三斜晶系

他のインフォメーション

星座 : 獅子座, 蠍座, 射手座

私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る
一致
星座
  • 獅子座 獅子座
  • 蠍座 蠍座
  • 射手座 射手座

良いアイデアと機会を持つ助けになる。