シンハライト

>> 石のグループ : ホウ酸塩鉱物
写真を見る :

1952年にスリランカで発見された。特定の種とされているが、以前はペリオドットとみなされていた。
石名はサンスクリット語でかつてのスリランカの名であるセイロンを意味する語『sinhala』にちなんでいる。硬度のしっかりした石である。

採掘場所

有名な鉱床:ミャンマー, タンザニア, カナダ (ケベック州), ロシア, スリランカ

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

ファセットカットにされ、指輪に用いられることがある。現在はあまり使用されていないが、宝飾品として用いるのに十分なクオリティーがある石である。

似た宝石

ベリル , クリソベリル , ペリドット , トルマリン , ジルコン

化学的特徴
MgAlBO4

マグネシウムホウ酸とアルミニウム

物理的特徴

主な色 :

別の色 : 黄色黄色, ピンク, 緑色

ハチミツ色、時に緑褐色、もしくはピンク味を帯びている

条痕の色 :

光 : ガラス光沢, 樹脂光沢

硬度 : 6.5 まで 7.0

密度 : 3.45 まで 3.50

劈開 : なし

亀裂 : 貝殻状断口

光学的特徴

透明 : 透明

屈折率 : 1.665 - 1.712

二重屈折率 : 0.035

明瞭、二軸性なし

複屈折性 : はい

分散 : 0.018 (0.010)

多色性 : 明瞭

色の数 : 3

緑、明褐色、濃褐色

吸収スペクトクル : 463

黄色シンハライトスペクトル

黄色シンハライトスペクトル

蛍光 : 無し

結晶

短いプリズム、しばしば形は悪い

cristaux

結晶構造 : 正方晶系

他のインフォメーション
私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る