ダンビュライト

>> 石のグループ : ケイ酸塩鉱物
写真を見る :

ダンブリ石という名は、19世紀この石が発見されたDanbury(アメリカ・コネチカット)に由来する。石英と同じ硬度分類で、色味のある変種には存在しない。

採掘場所

産出地は、メキシコ(Charcas、San Luis Potosi)、ビルマニア、アメリカ合衆国、日本、マダガスカル、ロシア。

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

劈開性がなく、硬度も低いためファセットカットにしやすい。
コレクション用の石だが、色がある場合には宝飾品にも用いられる。

似た宝石

シトリン , クリスタルロッシュ , ハンバーガイト , フェナサイト , トパーズ

文化的・歴史的ストーンセラピー

ひらめきや宇宙的実現に際に同伴してくれる、精神性のある石である。クリスタルロッシュよりも純粋な潜在的振動を持ち、穏やかでありながら清澄さを持つ石である。すべてのチャクラに作用するが、特に影のある人や、温かさのある人、他人に思いやりのある人に適した石である。

イミテーションと加工

今のところ人工品はない。
ロシアのダンビュライトは黄色味を与えるために照射処理が施される。

化学的特徴
CaB2[SiO4]2

カルシウムホウケイ酸塩

物理的特徴

主な色 : 無色無色

別の色 : 茶, 黄色黄色, ピンク

とても澄んでおり透明。黄色かピンク色の薄い色を持つ。

条痕の色 :

光 : ガラス光沢, 脂肪光沢

硬度 : 7.0 まで 7.5

密度 : 2.96 まで 3.04

劈開 : 不明瞭

亀裂 : 不規則

光学的特徴

透明 : 透明

屈折率 : 1.625 - 1.639

二重屈折率 : 0.006

非常に弱い、二軸性あり/なし

複屈折性 : いいえ

分散 : 0.017 (0.009)

多色性 : 弱い

色の数 : 2

無色、黄色

吸収スペクトクル : 585

蛍光 : はっきりと

青、ピンク、褐色

包含物 : ルチル、並行管

結晶

プリズム形だが、大きいことは稀。

cristaux

結晶構造 : 正方晶系

他のインフォメーション
私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る