ディオプテーズ

>> 石のグループ : ケイ酸塩鉱物
写真を見る :

この石は長い間色が似通っているためにエメラルドと混同されてきたが、1801年René Just Haüy(アユイ)によって固有の石種と認められた。
ディオプテーゼという石名は『通して』、『見える』を意味するギリシャ語に因んでおり、結晶を通して劈開面を可視できる、というアユイに観察されたこの石の特徴を想起させる命名である。

採掘場所

最初のディオプテーズはキルギスのステップから西洋にもたらされた.
カーブ状の形体の鉱脈よりこの地方ではよく産出される鉱石で,稀に非常に大きく美しい形状の結晶体が産出される : コンゴ民主共和国(カタンガ州) ,特に ナムビア (ツメブ), チリ, アメリカ, ペルー, 南西アフリカ, ロシア…

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

稀にカボションにカットされるが、金のフレームや貴金属中で原石が保たれる。

日々のお手入れと注意点

家庭用製品と衝撃に弱い。石鹸水で手早く洗うのみにし、綺麗な水で洗い流し、すぐに乾かす。

似た宝石

ディオプサイド , エメラルド , グロッシュラー , ウバロバイト , トルマリン , ベスビアナイト

文化的・歴史的ストーンセラピー

恋愛などにおいて幻滅したり、傷ついたりして繊細ではなくなってしまった人に適した石で、感情のつっかえを解き放ち、繊細さを持つ手助けをしてくれる。古代から石色が似ているためにエメラルドと混同されてきたが、ディオプテーズは銅成分を持つため殺菌効果のある軟膏に用いられ、治療用のエメラルドとさえ呼ばれていた。心臓のエネルギーを活性化する働きもある。特定の問題を解決するのに役立ち、喜びや幸福感をもたらす石とみなされている。

化学的特徴
CuSiO2(OH)2

銅環状ケイ酸塩

物理的特徴

主な色 : 緑色

青緑もある

条痕の色 : 緑色

光 : ガラス光沢

硬度 : 5.0

密度 : 3.30 まで 3.35

劈開 : 完全

亀裂 : 不規則

光学的特徴

透明 : 透明, 半透明

屈折率 : 1.645 - 1.710

二重屈折率 : 0.051

明瞭、一軸性あり

複屈折性 : いいえ

分散 : 0.035 (0.020)

多色性 : 弱い

色の数 : 2

濃緑、明緑

吸収スペクトクル : 550 - 465

ディオプテーズスペクトル

ディオプテーズスペクトル

蛍光 : 無し

結晶

短いプリズム、もろく、時に少々、色がある

cristaux

結晶構造 : 斜方晶系

他のインフォメーション

星座 : 獅子座, 山羊座, 魚座

私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る
一致
星座
  • 獅子座 獅子座
  • 山羊座 山羊座
  • 魚座 魚座

落ち着きをもたらしてくれる。